森林軌道 大阪営林署滑林道探索 -資料考察- 当時の写真あります!


初回に滑林道を訪れて1年が経った。その間、森林軌道に対する意識は深まり他の路線を訪問する前に、改めて調査をしようと我々は山口へと向かった。

まず、訪れたのは山口県立図書館。
滑林道への理解を深めるべく、森林鉄道の記載のある書籍をチェック。


Y_010

国有林の展望 / 大阪営林局 / 1952.03出版

これより、大阪営林局管内の林業環境を伺うことが出来る。戦後復興、人口増加のため建築材料の需要が高まり、林業大繁忙期の記録である。

42-43ページより引用

「土木事業
森林経営がまだ本格的にならなかつた明治の前半においては、比較的地の利をもつ里山ばかりが伐採され、その搬出方法も担出し、駄馬・地曳・川流しなどの原始的な手段に過ぎなかつた。明治の後半に入り、森林の利用と山村の更生のために奥地林を開発することになり、林道が敷設せられた。」

明治の後半より効率を上げるための林道整備に着手したのだろう。山の奥へ奥へと林道を伸ばし、山林管理の範囲が広がって行く。

「すなわち、その最初につくられた滑(なめら)林道(山口営林署)が明治二十七年に竣工し、つづいて同三十二年に恵下谷(えげたに)林道(広島営林署)が、同三十四年には不明(あけず)林道(広島営林署)と八尾林道(大津営林署)および菩提山林道(奈良営林署)などの牛馬車道を解説したのです。」

滑林道の竣工が明治27年、西暦1894年。大阪営林局管内の初めての国有林林道であり歴史ある林道であることが分かった。

「高野山国有林の直営生産事業も、明治三十八年に高野林道の幹線として椎出から塵無を経て二六林班に至る木馬道と、椎出から九度山土場間の仮軌道が設けられた時からはじまつている。」

高野山国有林の一部区間に敷かれたレールこそ、大阪営林局管内初めての森林鉄道だったことが伺える。この当時は鉄道花盛りで、神戸-下関間の鉄道全通が1901年の事である。

「明治三十九年、現在の九度山貯木場が竣工し、椎出九度山貯木場間の森林鉄道が完成した。つづいて幹線木馬道がしだいに森林鉄道に改められ、二六キロメートルの森林鉄道が完成した。
そののち、他の営林署において新線が開設さられるとともに、それぞれ馬車道が森林鉄道に改められたものもあつた。すなわち滑林道が明治四十二年、恵下谷林道が大正十五年、不明林道は昭和四年に改修された。」

滑林道の森林鉄道改修は1909年のことであるようだ。序章に登場した”徳地てんこもりマップ”の情報はこれで解決。どうやら本当に明治42年開通の森林鉄道だったらしい。西日本でかなり初期の段階に開通した森林鉄道で、廃止も1951年となれば、およそ42年間と長期の活躍を果たしたようである。余談ではあるが、鹿児島県の(旧:古江線→)大隅線が全線開通し、廃止されるまでの間はなんと15年である。いずれレポートしようと考え中だが、特に1972年に延伸開業した海潟温泉-国分間のトンネル・高架橋の作りの良さは一級品の高規格路線である。話がそれてしまった(脱線)。

「戦後は直営生産の製品をなるべく市場近くまで搬出することが有利となつたので、貯木場を整備して自動車運搬をすることになつた。そのため自動車道が新設されるとともに、古くからの森林鉄道もしだいに自動車道に改められるようになつた。恵下谷・不明・滑の三林道がこれである。前二者は従来森林鉄道で途中まで運搬し、水内川の水利によつて広島まで輸送していたのであるが、この地方の道路網の発達によつて森林鉄道の価値がなくなつたからである。つまり林内より一工程で運搬するのはあらゆる点で有利なことが明らかである。
最近の林道工事の特色は、利用される森林が奥地へすすむにつれて路線の伸長とともに地形が険しくなり、勾配がきつくなつてきたことである。これまで急勾配の場所はインクラインで運搬していたが、これは比較的能率的ではあるが建設費がかさむことと移動不可能の欠点があつた。現在はこれにかわる方法として架線索道、特に自重式による簡易無動力式のものが採用されている。これは移動性があることと設置費用の安いこと、さらに運搬能力も相当に高いので、今後もますます発達し普及するようになると思われる。」

自動車輸送への転換である。滑林道は、大規模な水害が原因で廃止となったのが少々特殊な例ではあるが、遅かれ早かれ自動車輸送への転換は行われる時が来たであろう。
「国有林の展望」には、貴重な写真が掲載されており、森林軌道はもちろんインクラインや索道などの活用風景が記録されている。出版された時点で、索道は画期的だと書かれているが当時からの現役林業索道は皆無だ。現在、現場で活用されている索道は仮設型で、撤去を前提とされている。


次の資料に移る。


Y_020

徳地町史 改訂版 / 徳地町役場 / 2005.09

徳地町史の2005年改訂版である。今回、山口市徳地総合支所徳地地域交流センターより、当ブログにて森林鉄道の項の掲載許可を頂いている。出版元に感謝申し上げたい。

327-330ページより引用

「6国有林
省略
(3)林道及び歩道
滑川に沿う林道・軌道幹線は明治二十七年に起工開通したもので、利用の増加につれ拡張され昭和十年現在の林道は次の通りである。」


Y_022

昭和10年の林道データだ。
これから察するに、やはり川に沿って分岐した支線には名前が付いていたのだろう。林野庁が公開するデータに記載されているのは、”滑林道幹線”これは幹線という書き方はされていなかった、”日暮線”、”密成線”これは昭和10年の時点で木馬道扱いとなっていたようだ。


Y_021

図の下に掲載されているのは「森林軌道の視察風景(野谷、大正末期カ)」とレールが見えた写真である。この時点で馬車軌道による材木輸送を実施していたようである。野谷とあるので、森林軌道終点の貯木場付近のことだろうか?

徳地町史からは支線名を知ることができ、個人的には大変な収穫だったと思う。


さて、現地でチェックすることのできた最後の資料がこちらである。


Y_000

「國有林ト公有林野官公造林地 / 山口営林署」昭和六年山口懸営林舎寄贈

となる絵葉書である。絵葉書の著作権保護期間はすでに終了していることから、山口県立図書館の収蔵品としてここに公開することにする。全8枚の構成である。


Y_001

「字滑山國有林軌道運搬ノ實景」

大変貴重なトロッコ現役の風景である。
まず、場所の特定から入ろう。川沿い、分岐する路線が写っている、進行方向が向かって左側へ下っているなどがヒント。川の右岸を走っており、分岐していく路線はその川を渡っているようだ。家屋が建っているため集落が近い。そして背後の山の落ち方が特徴的だ。背景のヒントを頼りに考えると野谷の集落、現在「祖父橋」が架かる付近を写したのではないだろうか。


スクリーンショット-(208)

背景の山の特徴と、集落の雰囲気、川沿いを行く森林トロッコの恐らく当時の石垣なども残っており、私の答えはここだと考える。じゃあ、上流から分岐してきた路線はなんなの?!ほかの地域の森林鉄道にもあることなのだが、林業従事者が住む集落へ直通する支線なのだろう。もちろん、当時は自動車道が整備されているわけでもなくあるのは軌道のみ。通勤と言うか、現場へはトロッコへ乗って山へ上がったり下ったりの毎日だったわけである。

それで、トロッコは機関車無し?大木の自重で下らせてたのかなー?奥左の立っている人は長い棒のようなものを持っている。そしてトロッコの後ろ車輪付近から斜め向きに延びる棒のようなものが写っている。これがブレーキなのだろう。トロッコ右手前の人はブレーキから伸びるワイヤーを握っており、これで制御していたのだろう。また、このトロッコに積まれる荷物にはそれぞれ札のようなものが付いており、生活物資が届けられていたのだろう。

そもそも、昭和6(1931)年と馬車道から森林鉄道へ改められた直後の風景であるため後々、機関車などを用いた効率化が成された可能性は高い。森林鉄道開業して間もない貴重な風景として捉えよう。写真が残っていると言う点も興味深く、この当時の写真はガラス板写真とロールフィルム写真の転換期にあたる。写っている写真の雰囲気を見ると、三脚を据えた大判カメラでの撮影のように思う。

森林鉄道に関する絵葉書は一枚のみで、あとは管内の風景写真だ。


Y_002

「字滑山國有林 舊藩杉扁拍造林地 (林齢百三十年)」


Y_003

「字滑山國有林 舊藩椎造林地 (林齢百三十餘年)」

この二枚写真から大判カメラで撮られたのではなかろうかと推察する。林内は非常に暗く撮影環境には三脚必須である。また当時の感光乳剤は感動が低かったため露光時間はかなり長かったのではないか。良い写真である。


Y_004

「字滑山國有林 三十一林班外一林相」

以上が滑山国有林に関する絵葉書である。
残りの解説は控えることにし、参考程度に掲載しておくことにする。


Y_005

Y_006

Y_007

Y_008

山口営林署管内の山林風景絵葉書は、以上。
撮影はいずれもタカス氏(@slagheap_tcs)


年代継ぎはぎで、末期の森林鉄道の状況が伺えなかったのが残念である。林鉄の軌跡 大阪営林局管内の森林鉄道と機関車調査報告書/ないねん出版 に山口営林署の図版が載っているようなのだが、昨今の事情もあって図書館での確認を今まで行えていない。また、当時の林業関連誌などに記載がある可能性があるためその調査もいずれ行いたいと思う。


次回は、滑林道の関連施設と再訪の記録である。


前回

次回
執筆中



引用
国有林の展望 / 大阪営林局 / 1952.03出版
徳地町史 改訂版 / 徳地町役場 / 2005.09
國有林ト公有林野官公造林地 / 山口営林署 / 昭和6年




森林軌道 大阪営林署滑林道探索 -本線区間8- 確信できない支線末端


支線の終端と思われる三本杉付近まで探索したところで、およそ5kmほど引き返し、再び梶畑川と滑川の分岐点まで戻ってきた。ここからは、梶畑川沿いに伸びている支線の探索を続ける。実は、この時点で17時前と時間がひっ迫しており急ぎ足で探索している。


_DSC1750

戻ってきた分岐点。向かって左が滑川、三本杉方面。右側はこれから進む梶畑川沿いの支線方面だ。


_DSC1930

野谷集落から続く舗装路であり、路肩には石垣が並ぶなど恐らく当時からの痕跡が残る。
梶畑川を一度渡るのだが、残念ながら橋梁の痕跡を見つけることはできなかった。


_DSC1921

現れる森林鉄道と市道の分岐点。この道を直進すると滑林道、右に分岐していくと県道26号方面と夜間に走ればトラップに引っかかりそうだ。右方向の道の先には集落があり、当時は分岐した先にも線路が伸びていたのかもしれない。


_DSC1927

軌道上から振り返る。なんとなく、当時の雰囲気を感じることができるのでは?
左に写る看板は、ここでも発見!古レールである。


_DSC1925

最新の幅員狭し標識と、注意標識のCollaboration!新標識の支柱に古レールが針金で固定されており、今しばらくは現役を保ってくれるだろう。発見できた古レールは何本目だったかな?

では先に進むとしよう。


_DSC1915

いかにも、森林軌道っぽい雰囲気だ。左側には石垣で段差が作られている。心強い轍だが、毎回この道を車で進んで大丈夫かなと心配になるものである。

再び梶畑川を跨いだのだが、橋梁らしき痕跡を見つけることができなかった。


_DSC1911

梶畑川を左手に山を上る。川沿いの未舗装路と言う光景は今日一日何度見たことだろう。私見なのだが、森林鉄道にしては少し道幅が広いことから、軌道廃止後に拡幅したのではなかろうかと思う。


_DSC1909

別の支線で見た古レールの側溝をまた見ることが出来た。標識の支柱になってるレールよりは太い気がするのだが、規格が違いそうだ。


_DSC1914

ある程度林道を走った所、現林道の分岐点に辿り着いた。
その付近を見ると道路沿いに茂った平場が見える。たぶん、ここがトロッコの積み出し場だったのではなかろうかと推測。藪で何も見えないが、太い木々が生えておらず林道に対して水平なところからここじゃないかな~?たぶん、ここが終点でしょう!?


大阪営林署滑林道の探索記録はひとまず以上となる。
今回の探索で目立つ遺構は、コンクリート橋脚と橋台、石積み橋台、古レールがおいしい物だろう。廃線から半世紀以上が経った今も、遺構が現存するというのは大変ありがたい話である。一部区間を除いて道路転用されているため、軌道跡の痕跡を辿ることはかなり厳しかった。森林鉄道は山林の伐採が終わると、山を変え支線を延ばしたりすることがある。つまり、開業年度は一概に同じとは言えず、廃止年度も同じだ。レールを回収し、別の線路に転用することもある。そのため、遺構の残り方は路線様々なのだと思われる。


次回は、2020年2月に滑山を再訪した記録から始めるとしよう。


前回

次回

森林軌道 大阪営林署滑林道探索 -本線区間7- 目指すは三本杉



 再び分岐点へと戻ってきた我々は、三本杉方面である滑川に沿って山を登って行く。前回述べたように、時間があまり無い。


_DSC1784

 前回は向かって右側へ、滑川を渡り山の中腹まで行き引き返した。今回は直進する。


_DSC1879

 しばらく走ると、注意標識を発見。昭和25年から昭和46年までのデザインであり、注意を促す標識だ。昭和46年以降は、具体的に何に注意するかより詳細な標識へと変更されている。この標識、何に注意すべきか自身が語ってくれている。


_DSC1877

 注意すべきは...古レール出ました!か弱い赤錆びた古レールが標識の支柱として再利用されている。密成支線で見つけた、地面に刺さり突っ立つ古レールも同じく標識の支柱として利用されていた可能性が高いだろう。


_DSC1864

 徳地てんこもりマップの記載通りであれば、ここも分岐点であろう。左に分岐し、右は滑川沿い三本杉方面となる。残念ながら分岐した先は伐採作業中のカラーコーンがあり立ち入りは遠慮させていただいた。だが実は、別日に徳地方面へ訪れる機会があったためこの分岐へと踏み入れてみた。写真は無いが、森林軌道には少々勾配がキツ過ぎるのではないかと言うほどの上り坂の林道が待っていた。おそらくだが、当時の軌道は分岐してほとんど進まず、少しの位置で終わっていたのだと推測する。


_DSC1866

 ここで気になったのが地面だ。四角く切られた岩が埋まっている。自然な感じではなく、明らかに人工的に埋めたように見える。これはおそらく、先述の分岐点にあたり、豪雨の際に林道が川となってしまう。分岐先から流れてきた雨水の水流で地面が流されてしまうのを防ぐために、ここに石を埋めて土壌流出を防いでいたのではないだろうか。


_DSC1870

 分岐から三本杉方面へと上って行くとすぐに川を渡る。名称不明だが、この川は滑川へと合流する。この橋はコンクリート製で、橋梁も橋台も後年設計のようだった。


_DSC1849

 しばらく走るとなぜか舗装路へ切り替わった。段々と勾配がきつくなってくる。カメラは下り方を向いている。


_DSC1853

 地面に注目すると…


_DSC1856

 また発見、古レールだ!溶接加工され、側溝の蓋へと転身していた。しかし、標識支柱とは違う太めのレールだ。刻印を確認しなかったのが悔やまれる。


_DSC1822

 とうとう滑山の目玉である三本杉まで到達した。遠目から見ても、これだろうなと見極められる圧倒的サイズだ。探索シーズンは緑の元気がない時期だったため迫力に欠けるが、夏場は数倍大きく見えるだろう。


_DSC1836

 探索レポート初回にてお伝えした、微妙な三本杉へのアクセスマップから、ようやく真の案内看板へと辿り着いた。詳細は看板を読んでいただきたいが、平安末期、東大寺再建の時から歴史のあるこの地に、樹齢推定300年の杉が三本寄り添って立っているとざっくり要約できる。


_DSC1830

 真下へ来ると圧巻のサイズだ。平成13年の時点で、高さは最長46m、周囲も最大510cm。この三本杉のすばらしさに、インスタLIVEなど配信を希望する方々が現れるかもしれない。しかし残念無念、ここは圏外の深き山奥なのだ。


_DSC1838

 それで、三本杉から元来た道を見てみると、石積み発見!


_DSC1839

 石積みを辿ると、三本杉の周囲へアクセスする橋のふもとまで続き、石積み橋台!


_DSC1847

 三本杉へ近づくために橋を渡る際に気付いていたことなのだが、これはどうも怪しかった。この設計はどう見ても、軌道用の橋台である。この先は茂みとなり、時間的都合もあり藪漕ぎは断念。この先まで続いていたと推測される。これは徳地てんこもりマップの記載にはない事実。


_DSC1848

 森林軌道とはここで一旦サヨナラして、確認もかねて林道を終端まで走ってみることにした。滑マツまで残り700mとの看板も出現。この先を行けば、登山コースへとアクセスできることになっている。


_DSC1819

 これと言って特に何も無かったため割愛するが、同行する蛸酢氏に倒木をどけてもらいながら進行した。トロッコでは無理の在るような勾配やカーブを進み、解放された進める実質の林道終端へと辿り着いた。


_DSC1817

 登山道の看板が設置されている。滑松と言うのは、ここら周辺に自生する松の事のようだ。これにて滑川沿いの探索は終了とする。

 道路転用されたため、これと言ってビッグな遺構は見つからなかった。しかし、小規模な見落としそうになる小さな発見がいくつか拾えたのが幸いだった。特に路線図は正確な地理院地図からデータを引っ張り出し確認する必要がある。


 次回は、かなり引き返し梶畑川の分岐に戻り再スタート。滑森林軌道の探索レポート最終回となる。


前回

次回



森林軌道 大阪営林署滑林道探索 -本線区間6- 鬼ヶ河内支線(自称)を行く


 前回の区間まではストリートビューで事前の調査が可能となっている区間だ。ここからは未知のゾーン、オフロードの始まりである。オフロードと言ってもそこまでハードな未舗装道ではなく、フラットダートで四駆乗りとしてはやや物足りない。道の良さは管理の良さであり、さすがは国有林だ。

 滑の簡易トイレが設置される分岐点から始める。左へ行けば滑川沿い、右へ行けば鬼ヶ河内川沿いだ。支線名は登録されていないようなので、通例に基づき鬼ヶ河内支線と勝手に名付けよう。ちなみにこのトイレはバイオマスタイプなのだが、シャッターが閉ざされていた。急を要する場合にはふれあいパーク大原湖まで川を下る必要があるため注意してほしい。


_DSC1784

 ストリートビューで訪れていた時からこのポイントが妙に気になっていた。左側の道へ直進すれば三本杉方面となる。右へ曲がって行くと鬼ヶ河内支線へと進むのだが、何か見えませんか?


_DSC1775

 川を渡るため、岸と岸を結ぶ一本の道、橋が架かっているのだ!枯れたツタが絡まり、アクセスは困難、足場の状態も見当がつかなかったため渡らなかったのが悔やまれる。自動車道は少し奥でカーブし川を渡っている。


_DSC1779

 もしやこの橋、当時から架かっているのでは?!ストリートビューで見たときは、PG(プレートガーター)のように見え、この遺構を見つけてしまうとかなりの大発見なのではないかと興奮していた。さて、当時からのPGなのか?と言う問い。答えはNOだ。現地に行って目の当たりにして、全貌がよく分からない構造である。素材を見る限りおそらく木橋だ。まあ、当時PGだったという根拠もないので、当時から架かっている木橋では?とも思ったがそれも違うだろう。1950年代の鉄道用木橋は写真でしか見たことないのだが、この写真のような構造では少なくともない。構造が新しいのだ。木材と金属のハイブリッド構造で、踏板はトタンのように見える。


_DSC1786

 古くからの橋では無いと言うことが分かり落胆したわけではない。石積みの橋台は間違いなく森林軌道時代の遺構だろう。車を止めている場所が分岐点。現在はレベルが高くなっているが、そこから藪の部分でカーブし橋を渡っていたのだろう。当時、橋が架かっていた場所に今でも橋が架かっているという変遷が見えるこの区間は、何とも胸が熱くなる光景だ。しかしなぜ橋を架け直したのだろうか。


_DSC1788

 滑川を渡り、山へと進む。写真は下流側、橋を渡った先の部分を写している。橋の先は写真の通り、私有地となっている。


_DSC1791

 先ほどの写真から引くと、おそらく軌道に沿って積んでいたであろう石垣が残っている!綺麗にカーブを描き、土盤を支え続けているのだ。現在の林道は少々レベルが上がっている。


_DSC1802

 さて、少し引き返すが先ほど森林軌道が渡った滑川の先で自動車道も滑川を渡る。その橋梁が林道らしい構造をしている。写真手前はほぼ直角に曲がるきついコーナーで、歩道のように橋が外へせり出している。これは木材を満載にしたトラックが曲がる際、リアオーバーハングが引っかからないよう設計した林道らしい工夫である。


_DSC1794

この道路沿いの側溝でも古レールを見かけることが出来た。計測していないので、はっきりは分からないが15kgレールか?


_DSC1796

 この地は人の気配が無く、少々気味が悪い。空き地が広がるが、最近まで何かしら大きめの建物があったような形跡がある。

 実はもうこの時点で15時前とかなり時間が無く焦っていた。この先はかなり軽度な探索となっている他、あまり写真もない。


_DSC1810

川に沿って進む林道は所々、石垣が残り緩やかな勾配がそれっぽさを醸し出していた。


_DSC1808

幾度かこのように開けた場所がある。


_DSC1813

まだまだ登る。
川沿いをしばらく走り、広場が現れた。下流の方にカメラを向けている。


_DSC1816

 「ニッセイ徳地の森」の看板があり、日本生命が2002.3.25~2081.3.31を契約期間に植樹運動を実施しているようだ。

_DSC1815

さらに登ってみたのだが、どこが終着なのか分からなかった。明らかに鉄道では登れなさそうなヘアピンカーブが現れたため、そこで引き返すことに。


 次回は、分岐点へと戻り三本杉方面へ。


前回

次回


森林軌道 大阪営林署滑林道探索 -本線区間5- 集落に人影無し


 橋梁を渡り梶畑川の左岸へ復帰した滑林道森林軌道。ここから再び自動車道と合流する。

 今回は滑林道最初の分岐点、滑川に沿って山を登って行くことになる。


_DSC1749

 自動車道へ復帰した軌道。向かって奥が下流側。こちらも石垣が残っているが当時の物だろうか。1951年以降、自動車道へ切り替えの際に舗装や拡幅をするとなると、定型サイズのコンクリートブロックで擁壁を組み上げる施工と予想される。


_DSC1750

 ここで滑川が梶畑川へと合流する。と同時に林道も分岐を行う。分岐を左へ向かうと滑山、右へ梶畑川に沿って行くと藤ケ谷方面だ。「ニッセイ徳地の森」まで3km、「三本杉」まで4.9kmの案内看板がある。


_DSC1764

 滑川・梶畑川の分岐。欄干の低いコンクリート橋を渡って、まずは滑川に沿った軌道跡を辿って行くことにしよう。

それで、橋の上から川を覗いてみると,,,


_DSC1753

 それっぽいもの発見!荒い骨材の感じから、おそらく倒れたコンクリート橋脚だろう。ちなみにだが、この橋は森林軌道時代の橋台を再利用しているように見えた。

 滑川に沿って上って行く途中、一度川を渡るのだが森林軌道時代の遺構らしき人工物は発見できなかった。明らかに後年架けたコンクリート橋が残るのみ。

 橋を渡って、年代不明の石垣を横目に、右手に滑川が流れる。水流こそ大人しいものの、ガードレールは無いのであまり夜間は走りたくない…このあたりからはもう、圏外となってしまうので事故は避けたいものだ。


_DSC1889

 カーブを曲がるとそこには年代物の警笛鳴らせの標識を発見、しかし私は見逃さない!


_DSC1905

 断面マニアの皆様、お待たせいたしました。古レールの再登場です、どうぞ!標識の支柱としてかくれんぼしていた。レールのエッジによって標識が折れ曲がっている。


_DSC1901

 しかし、この絵柄の標識が制定されたのは昭和38(1963)年。この森林軌道が廃止されたのは1951年。う~ん。林道整備されて標識が設置されたのは廃止から12年も経ってから??木材需要や、国有林であるがゆえに、序章に記した水害が終わった後は割と早急に道路転用が進んだのではなかろうか。となれば、昭和38年以前の角型の警笛鳴らせ標識が設置されていてもおかしくないはず。1963年以降の標識をわざわざ古レールを支柱に設置したのも疑問が残る。森林軌道に思いを馳せた職人たちの遊び心だったと妄想、勝手に完結。

 廃屋などの横を通り、舗装路を走る。電線が通っているのだが、この区間にある民家に人の気配は無い。


_DSC1770

 また発見!下り方面へカメラを向けているが、古レールを利用した柵が設置されている。しかも5本も!たまらんばい。更地になったのは最近のごとく雑草が少ない。


_DSC1784

 新たなる分岐点へたどり着いた。徳地てんこもりマップで言う所の「滑の簡易トイレ」に位置する。親切なことに、ここから各山頂や見所へのアクセスマップが設置されている。まあ、ここへ登山に来る人と言えば案内図も不要な達人たちしか来なさそうだが…もちろん、これまでに存在する観光案内看板には森林軌道の記述など一切ない。
 話を戻すと、徳地てんこもりマップではトロッコ道と書かれたラインはこの位置で二手に分岐している。実際、道路転用されたであろう自動車道もここで分かれているので、マップの通りだろう。

 ここから先はストリートビューでロケハンが出来なかった区間へと入る。実をいうと、ここから先はあまり時間が無くスピーディーに見て回ったため再訪の余地あり、見落としがあった気がする。詳細探索を行い、再度レポートに記したいと考えているため、ざっくりとした探索記録となることをお許し願いたい。


前回

次回


画像をクリックすると別ページへ飛んで大きい写真が見れます。